分譲マンションとは

新聞のチラシを見てみると、マンションの販売関係のチラシが混じっていることも多々あると思われます。
その中でも、分譲マンションという言葉が紹介されていることもあるかもしれません。
何となく言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、実際に分譲マンションの意味についてきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?
分譲マンションとは、マンションを各部屋単位で販売されている形式のことを指します。
マンションのスペースですが、大きく2つの種類に分類することができます。
まずは、専有スペースと呼ばれる所です。
マンションの各部屋のように、購入した人が自由に使うことができる部分のことを指します。
もし分譲マンションの一部屋を購入した場合には、専有部分については、そのすべてが購入した人の所有物と言うことになります。
もう一つのスペースとして、共用スペースというものがあります。
共用スペースとはマンションの廊下やエントランスと言った所で、マンションの住人がそれぞれ使えるスペースのことを指します。
分譲マンションを購入したら、その費用を払って終わりというわけにはいきません。
通常は、管理費と言うのを月ごとに支払うルールになっていると思われます。
この管理費は、いわば共用スペースを使用するためのお金と思ってください。
共用ペースは自由に使用することはできませんが、専有スペースについては購入すれば自由に使用することができます。
ですから分譲マンションを購入すると言うことは、持ち家を所有することと同義と言うことになります。
賃貸物件の場合、自由に壁をいじることもできません。
賃貸の場合、その部屋の持ち主になったわけではないからです。
しかし分譲マンションの場合、専有部分についてはあなたの所有物になります。
よって、内装の変更をしたり、間取りを変えることも可能です。
長年住み続けていると、いろいろと周辺の環境に変化がもたらされる可能性があります。
そのライフスタイルの変更によって、必要な間取りの感じも変わってくるでしょう。
そのライフスタイルに合わせて、リフォームを自由にすることができるわけです。
長年住み続けることになっても、それほど不自由をすることなく住み続けることができるわけです。
分譲マンションですが新築のものもあれば、中古のものもあります。
どちらを購入するかは、購入者の自由意思によるでしょうが、中古にもそれなりの良さがあることを頭の中に入れておいても良いでしょう。
名古屋市一戸建て。地域名から・沿線・地図から・路線図からetc。自由自在に物件情報が探せます。
Copyright (C)2014分譲だけじゃない!各種マンションの特徴と相場について.All rights reserved.